太陽光発電とエネファームを両立することで、フルタイムでの発電の仕組みが構成される可能性が高まるのではないかと認識されています。
日中は太陽光発電で電力を生成させ、日没後の夜の時間帯にはエネファームで発電を進めるケースが最も多いと考えられています。
このようにして、フルタイムで発電のできる環境が構成されることについては、クリーンエネルギーの住宅を構成する上では、望ましい方法のひとつとして認識されていると言えるのではないでしょうか。
現在では、このダブル発電の形式が、多くの世帯で本格的に導入されているのではないかと思います。
完全に電力を自給自足で賄う世帯においては、ソーラー発電のシステムを導入し、それに加えてエネファームの機材を設置する動向がしばしば見受けられています。
どちらの設備も導入することで、常に発電の仕組みを形成できるとされていることから、メリットのあるものとして捉えられているのではないかと思います。
また、停電時にも電力を自給できる仕組みがエネファームにはあると考えられており、日常生活で安心できる可能性も増すでしょう。
今後はより多くの世帯で、この双方の電力システムが取り入れられるようになるのではないでしょうか。
solar2

参考:太陽光発電 エネファーム

関連記事


    長期的に運用していくことで初期費用を完済するのが、太陽光発電の基本です。 設備だけで発電できるので、一度導入してしまえば、後はじっくり初期費用の金額を超えるのを待つだけになります。 その特徴から老後の…